スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レン、再々募集いたしまっす!

1月に里子へ行ったレン、同じ家庭へ預かりとなったりゅうが、3日後にシェルターへ戻ってきました。

2匹は3日間のお泊り程度に感じていたようで、シェルターのケージに戻ると「ただいま~」って感じで寛いでおりました。

ダハァハァハァ・・・またまたよろしくです。IMGP6770.jpg

いやいや・・・シェルターにおりますの。
IMGP6767.jpg


今回のお戻しで一番ダメージが大きかったのが、2匹を引き受けてくださった里親さんでした。
預かりっ子クラブの立ち上げ時から、この猫達を心配し何かしたいと思われ、考えた末の里親でした。
ですが、2匹を引き受けたことで先住の老猫が食餌がとれなくなってしまったそうです。
先住猫は持病があったそうですが、この1年小康状態がつづいていたため獣医さんと相談の上で2匹を迎えてくださいました。
2匹を戻すことは里親さんとしては辛い選択でしたが、間違いのない決断だと思っています。大丈夫ですよ!
これからも、応援してくださると嬉しいです。

丸刈り姿も、どこか凛々しいオレ。IMGP6780.jpg

黒シャツも、何気にこなせるボク。
IMGP6781.jpg


それ行け!レン&りゅう!IMGP6783.jpg
                                   ボランティアスタッフ@なぎさちん

comment

Secret

レン

今日はりりしく見えるの~。
「よきにはからえ!」って感じですねぇ。
レンは抱っこもできるんだよね~。おっとりしていて、やさしくて優等生。

No title

レン君、りゅう君
この間は元気な君たちのお顔が見れて嬉しかったよ。
おばちゃん&おじちゃんと遊んでくれてありがとうね!

先日はお忙しいところ、本当にありがとうございました!
きちんとお礼も出来ずに数日経ってしまい、申し訳なかったです。
里親検討待機組(?)の我が家にとって、
レン君、りゅう君の里親様のお気持ち、よく分かります…。
どうなるか、蓋を開けてみないと分からないとはいえ、
お戻しは里親様にとっても、大変お辛いことだったでしょうね。
でも、先住さん含む猫達の事を考えてのご決断、
本当に猫達の事を思っていなければ出来ない事だと思います。
猫達のために、敢えてお辛い決断を取られた里親様に
頭の下がる思いです。

シェルターで、おもちゃを追ってキラキラ目を輝かせていた二人、
きっと素敵な未来が待っていますとも!

いい顔してるね~♪

レン&りゅう、スタッフへ
大丈夫さ!
きっと素敵なご縁が待っているよ。
まだまだこれから、いろんなことあるさ!
人(スタッフ)も猫達も頑張るんだよ~

でんすけママ

レンは、おっとりしてて、なんでも「どうぞ~」って感じなの。
どうも体格のせいか、ポコニャンが同じケージに居た時はお兄ちゃんっぽくみえたんだよね。
頼りになる、お兄ちゃんなのよ。

ゆりたまさん

私も、ここのペルシャミックスの里親なんですよ。
お気持ち、よく分かります。
みんな幸せになってほしい、誰も不幸になってほしくないです。

ん~。

お松ちゃん

ホイ!

本当に、人間とのお見合いはともかく、猫との相性は実際に行ってみないと分からないのでドキドキしてしまいます…(汗)。
レン&リュウも「ちょっとビョーインに宿泊?」くらいの感覚のようで、リュウに関してはますます活発になった気がするのは、私だけ(笑)?
大丈夫。赤い糸は必ずあるから、焦らずに探しましょう☆

かえるさん・・・グェッグェ

万全を期しても、ダメな時はダメなんだけど、ダメな中でも一番良い方法を考えるんですよね。
今回は、直ぐ戻すことを決めてくれたことが良かったと思うのです。
レンとりゅうとは、「次、行こう!次!」と話してます。
プロフィール

azuclb

Author:azuclb
ペルシャレスキューチーム、預かりっ子クラブの活動報告です。


▼ランキングに参加しました▼
応援1ポチお願い致します!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。