スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杏子・・・またね。

杏子永眠。

沢山の方に、ご心配・応援して頂いてた杏子ですが
哀しい報告をさせて頂く事になり、本当に申し訳ございません。

杏子は最後まで頑張り続けたのですが、
輸血でも状態が上がらず、貧血が進み命の灯が消えてしまいました。

入院してる杏子の元へは、沢山のスタッフがご飯を届けて食べさせたり
会いに行き、杏子はそれを受け入れてくれて、甘えてくれる様になり
「凶暴ドーベルマン杏子」ではなく家猫として過ごしました。
病院の先生・スタッフの皆様のご尽力には大変感謝しております。

杏子ちゃん安らかに

最後はとても静かで抱っこされながら、
名前を呼んで撫でるとずっとフミフミをして・・・
そのまま静かに息を引取り、短い生涯を閉じました。

IMGP7464.jpg

お昼に息を引取ったという事もあり、
シェルターに夕方には戻り、沢山のスタッフが
次々と、仕事帰りに駆けつけ皆に声を掛けられ
撫でられてるうちに、亡くなった時より顔が柔らかく
可愛らしくなり、ただ眠ってるだけのように思えました。

IMGP7562.jpg

杏子がシェルターに戻り、預かり様の所では
ずっと仲良しだった花は、ただただじっと
ケージから杏子を見てました。
杏子の分も、花を始め全頭幸せにしたいと思います。

IMGP7265.jpg

杏子は、お骨になり永遠に預かりっ子クラブの子として
過ごす事になりました。
赤い糸を繋げてあげる事が出来ず・・・
もっともっと沢山色んな事をしてあげたかったと
今は、後悔ばかりです。
杏子、もっと早く気付いてあげられなくてごめんね。
今度生まれ変わったら、オンリーワンの愛情を受けられる所にだね。
本当は、甘えん坊さんだった杏子、またね。

IMGP7578.jpg

        ボランティアスタッフ@にゃー太郎

全頭の幸せを願ってます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

ブログランキングへ


comment

Secret

杏子、やすらかに。

シェルターではいつも静かに過ごしていた杏子。
頭を撫でてあげることはできなかったけど
可愛い顔でこちらを見ていたことを思い出します。
病気を見つけてあげられなくてごめんね。

最期の顔は穏やかで、さらに可愛くなっていて。
杏子はずっと永遠にみんなの杏子だよ。
やすらかにお休みなさい。
そして早く生まれ変わったおいでね。
待っているね。

No title

涙が止まりません。。。。。。

預かりっ子クラブに来れたから、手厚いケアを受け静かに逝く事が出来たのでしょう。
そのままだったら名前も貰えず、ケアもして貰えず消えてたひとつの命だったのですから。

次は生まれてからすぐに沢山の愛情を貰える所に来なくちゃね。
沢山の人に心配されて、とっても短い命だったけど、最期はちょっと幸せでしたね。

杏子ちゃん、安らかに。。。。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

No title

最期は人間の腕の中で安らかに逝った杏子ちゃん
今度生まれ変わった時には、最初から家猫として
生まれかわっておいでね。
避妊去勢を怠った為の悲劇は繰り返さないように
私たちの身の周りでも気をつけていきたいです。

スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
最期は皆さんに見送ってもらって杏子ちゃんも
幸せだったと思います。ありがとうございます。

杏子ちゃん 安らかに・・

杏子ちゃん
杏子ちゃん

・・・・・

言葉が見つかりません。

どうか安らかに眠ってください

にゃー太郎さんもお疲れ様でした。
今日は空も泣いているような 涙雨ですね。

No title

スタッフのみなさんに甘えるようになった杏子ちゃん、
にゃー太郎さんの腕の中で静かに抱っこされ、
名前を呼ばれるとフミフミしていた杏子ちゃん・・・
最後はちゃんと家猫として、ニンゲンに心を許して、
安らかに逝ったのですね。
とても短い命だったけれど、杏子ちゃんの生い立ちを思うと
あのままならば叶わなかったであろうたくさんの愛情を受けての最期、
なによりの救いです。

にゃー太郎さんはじめ、スタッフのみなさん、
お疲れさまでした、そしてありがとうございました。
杏子ちゃんの分も全頭が幸せになるまで、
これからもよろしくお願いします。応援しています。

杏子ちゃん、安らかに。


No title

なんと言っていいのか言葉がみつかりません

スタッフの皆様、お疲れ様でした。

最後には甘えて、フミフミもして・・・良かったね
次の猫生ではきっと幸せになってね
さようなら 杏子ちゃん

No title

杏子ちゃん、がんばったね。
えらかったね。
安らかな寝顔、
あれが本当の杏子ちゃんのお顔なんだね。

スタッフの皆様、にゃー太郎さんのお心を思うと
涙が止まりません。

皆様、お疲れさまでした。
そして、杏子ちゃんを看取って下さって
本当に本当にありがとうございます。

安らかに・・・

杏子ちゃん、よくがんばったね。

最後に会った時、ちょこんと座ってこちらの目をまっすぐに見てくれていたのが忘れられません。
何か物言いたげな表情が、今でも目にうかんで悲しくなります。

今度生まれ変わってくる時は、優しい人のもとにまっすぐ迷わずにおいでね。
ずっと忘れないからね。

安らかにね…

杏子ちゃん、お疲れさまv-406

最後にシェルターで会ったとき、いつも「シャーッ」って言われるのに、言われなくて 物足りなくて
「杏子ちゃん、シャーは?」なんて、のんきに話しかけたっけ。
次にシェルターに行った時には、入院中…
体調戻ったら絶対帰ってくると思っていたから、その日はその後の予定もあって、お見舞いには行かなかった。
もう逝ってしまうとわかっていたなら、予定なんてキャンセルして、お見合い対応の後、病院の診療開始時間までシェルターに残っていた にゃー太郎さんにくっついて、一緒にお見舞い行ったものを。
切なくて、胸が塞がる思いでいっぱいです。

短くてて、辛いことの多い にゃん生だったね。
私たちは、みんな 杏子ちゃんのこと 愛してたし、気にしていたけど、かわるがわるのお世話じゃ、正直 緊張したり、うっとうしかったりしてたよね、きっと。
今度 猫に生まれてくる時は、、絶対に オンリーワンの愛情を注がれて、のんびり過ごして長生きできるよう…
祈っているよv-352

そして、杏子ちゃんのような境遇の猫…多頭飼育崩壊の悲劇が繰り返されないよう、1匹でも多くの猫がしあわせに暮らせるよう、人の意識が変わって社会も変わるよう、できることを少しずつでも続けていくからね。 

ばいばい...

杏子ちゃん...
回復することばかり想像していたので、すごく残念です。

嬉しい報告が相次いだ中での悲しい出来事で、
スタッフの皆さん、お気を落としてることと思います。
けれど最後に人の腕の中で眠りにつけたのは
スタッフの皆さんのお陰だと思います。

杏子ちゃん。よくがんばってくれたね。次の猫生はきっと幸せでいっぱいのものになると思うよ。
どこかでまた会えたら、私にもナデナデさせてね。

No title

杏子ちゃん、

きっと退院してくると思って、好物のお肉持って当番に入ってたけれど・・・なかなか、戻って来られなかった。
入院する前の日も、ごはんを食べようとしても、うまく食べられないみたいだったし、私の顔をじ~っと見ていて、今思えば、「杏子ね、具合悪いの、なんとかして」って訴えてたんだよね。
ずっと膀胱炎が治らないこと、どうしてなんだろうと思ってたけれど、まさか、こんなに早く逝ってしまうとは。

杏子には、私たちしか頼る人はいなかったのに、
どうして気がついてあげられなかったのかと、後悔の思いでいっぱいです。

怖がりで、シャーっ子だったから、触ってあげることもほとんど出来なかった杏子ちゃんを、やっとお膝に抱っこしてあげることが出来ました。

いつか、生まれ変わることがあったら、杏子をたくさん甘えさせてくれる家族のところに降りてこようね。

さようなら、杏子ちゃん。

No title

杏子ちゃん、たくさん頑張ってえらかったね。
見守ることしか出来なかったけど、いつも光を送っていたのを知っているよね。
ずっとどうやって甘えていいか解からなかったけど、最後の時に『なーんだぁ、こうやって甘えればよかったのか。簡単だったんだなぁ』 って思ったでしょ?
今度生まれてくるときにも、それをちゃんと覚えていてね。

にゃー太郎さん、スタッフの皆さん、こういう時はどうしても後悔の思いが込み上げて来てしまいますけど、杏子ちゃんからは、とても穏かなエネルギーを感じます。
どうかご自身を責めないで下さいね。

身も心も軽くなった杏子ちゃんは、まだフミフミの続きをしているようですよ^^
しばらくそちらに留まるような感じですので、気配を感じる方もおられるでしょう。
あ、浮かばれないワケではありませんので心配しないで下さいね。
これは杏子ちゃんの意思のようです^^

杏子ちゃんに追悼のヒーリングをさせていただきますね。
お疲れ様でした。

お悔やみを下さった皆様へ

杏子の具合が悪くなってから
虹の橋を渡るまで、本当に早く
ただただ呆然としてますが
ただその短い時間の中で、私達に色んな事を
教えてくれた様な気がします。
皆様には、【杏子】という個の猫として認識され
応援され幸せだったと思います。
今まで本当に本当に有難うございました。

遅ればせながら・・・

我家も週末に、お葬式を出しました。残った側は、
‘今までどうして…’ ‘あの時もっと…’と、後悔ばかりですね。

フミフミは、子猫が母猫にする動作…杏子ちゃんは最期に
にゃ~太郎様をお母さんと認知し、安心して旅立った事と
思います。

にゃ~太郎様に抱かれ、沢山の方に想われて逝った
杏子ちゃん。きっとここから、この続きのまま…
誕生を家族に祝福され、抱っこされている記憶から
来世が始まると、信じています。

御悔みが遅れ、恐縮です。スタッフの皆様、お気落としを
なさりませぬ様に。
にゃ~太郎様をはじめスタッフの皆様の、猫を愛する
お気持ちの強さに、いつも感服致します。

杏子ちゃん、ほんの少しの時間だったけれど、
にゃ~太郎様を独り占め出来て、嬉しかったよね。
にゃ~太郎様とスタッフの皆様、最後の数日間はきっと
杏子ちゃんの事ばかり考えていらっしゃった事でしょう。
そう、杏子ちゃんには沢山のお母さんが居て…
赤い糸は、預かりっ子クラブのママ達と繋がっていたの。
どうぞ、安らかに・・・。

あくび娘 様

あくび娘様も悲しい週末だったのですね・・・
そんな中、優しいお悔やみの言葉を頂戴し 恐縮です。
有難うございます。

人を亡くした時も、猫を亡くした時も
後悔の気持ちばかりが逡巡してしまいますね。

杏子が教えてくれたたくさんのことを
これからも心に留めて、最後の1匹が幸せになるまで
スタッフ一同頑張ります。
プロフィール

azuclb

Author:azuclb
ペルシャレスキューチーム、預かりっ子クラブの活動報告です。


▼ランキングに参加しました▼
応援1ポチお願い致します!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。