スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注意1秒!後悔一生!

この記事には、リンクが多くはってあります
おまけに、文字だらけな上に長いです。。(´O`)=3
携帯からご覧の方、申し訳ありませんっ


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ☆*゚ ゜゚☆

梅雨真っ只中の関東地方。。
毎日ジメジメしたお天気で嫌になっちゃいますね~(;一_一)

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番ですっ
窓を開けたままにするお宅も増えるのではないでしょうか?

そんなわけで、大切な猫たちを脱走から守るために
今一度、ご家庭の脱走対策を考えてみませんか(゜▽゜*)?

ここから先の記事は、「」 ←このマークの横の色が付いた文字を
クリックしていただくと別ウィンドウでリンク先に飛ぶようになっています
どのサイトも本当に為になりますので、ぜひクリックしてご覧ください★

(リンクさせて頂いたのは、リンクフリーのサイトです)


脱走対策
まずは・・・
有名サイトだと思うので、猫と暮らす皆様ならご存知の方も多いかと思いますが
「猫と同居の工夫」は全ページ本当に参考になります!

中でも ◆脱走・浸入防止◆の各項目は、分かりやすい画像も満載で
『じゃあ我が家ではこうしてみよう!』等 色々なアイデアが沸いてきますよ

予算に余裕があるご家庭はマドモアセーフルーバー網戸を全窓に取り付けて
安心して外の風を入れるのもいいかもしれませんね

脱走防止に関しては、完全室内飼いで猫と暮らす皆様一様に
頭を悩ませているようで 「猫 脱走防止」で検索していただくと
たくさんの方のブログ等がhitしますので、ぜひご覧になってみてください♪


それから。。
意外にも、お家の中にも危険はいっぱい潜んでいます!


観葉植物や生花
ご存知の方も多いと思いますが、猫が中毒症状を起こす植物は
700種以上といわれています。

こちらに全3ページにわたり猫に危険な植物について書かれていますので
ぜひお読みください。

こちらのサイトは、危険度:高の植物が記載されており
植物名の下の「google」をクリックすると、その花のイメージ検索が開き
「Wiki」をクリックするとWikiの情報ページに飛ぶという親切さっ有難いです…

(下記で使用したお花の写真は、加工OKのフリー画像を拝借しました)

この時期、そこら中で見かける紫陽花(アジサイ)
青酸 (シアン化水素酸)が含まれており、猫にとっては猛毒で
嘔吐・痙攣を経て死に至ることもあります!
アジサイ×

そして、ユリ科の植物全般は 猫の天敵といっていいくらい
危険なものがたくさんあります(上記リンクサイトの3ページ参照)
百合×
ネギ関係の摂取が、猫にも犬にもご法度であることは知られていますが
その、ネギ関係も立派な「ユリ科」の食べ物なのです。

そして、中毒症状は比較的軽度のようですが
クリスマス時期に必ず目にするポインセチアも猫にとっては危険です。
ポインセチア×

その他にも、ポピュラーな観葉植物のポトスやアイビーもNG植物です。
お部屋にグリーンを置きたい時はまたたびの木なら
ニャンズも喜んでくれていいかもしれませんね♪


猫に危険な食べ物
こちらの猫と犬に危険な食べ物
危険度のランク別に分かれていて、とても解りやすいです
ネギ関係全般が危険と、上記でも書きましたが
お刺身やタタキにかかっているネギも、もちろん良くないので
スーパーで売られているお刺身にすでにネギがかかっている場合など
その部位をあげないようにしましょう
ネギ関係に含まれるアリルプロピルジスルフィドという有毒物質は熱に強いため
加熱してもその毒性は薄れないそうです。
ですので、ハンバーグや味噌汁・すき焼きの残り汁など、ネギが入っている食べ物は
たとえ少量でも与えないほうが良いのです!


キッチンでの危険
調理中のコンロはもちろん竹串や、爪楊枝、
包丁やナイフ・フォークなどもイタズラされたら危険です
また、三角コーナー等に捨てた玉ねぎの皮や
その他NG食物を口にしてしまう危険もあります。
それと、ラップを食べてしまった事例もあるようなので注意が必要です。


室内での危険
私たち人間が何気なく使っていたり、猫の手の届く所に置いてある物でも
猫たちが誤って口にしてしまったり、飲み込んでしまったり、齧ったりして
危険なものは数え切れないほどたくさんあります。
獣医さんが書いた誤飲誤食についての記事を、ぜひご一読ください。

とにかく。。危ないモノは、出しっぱなしにしない!
電気コードを齧る場合は感電死しないよう
絶縁テープでコーティングする等の対策が必要ですね
それと、一部の猫さんに限ってかもしれませんが、
布関係を食べてしまう仔もいるようです。
それは、ウールサッキングという異常行動と呼ばれています。
そして、レジ袋やポリ袋をシャリシャリ噛む猫さんもいますよね!
ご存知の通り、レジ袋やポリ袋の原料は合成樹脂、つまりは
石油から作られるプラスチック製品です。
そんなものを口にして身体に良いわけがありません。。(-_-;)
レジ袋やポリ袋をシャリシャリ噛むのが好きな仔から遠ざけましょう


α(アルファ)リポ酸
メタボダイエットやアンチエイジングに効果が有るとして、人気のあるサプリメントです。
しかし、猫には大変危険であることが解り、病院HPや ご自身のブログ等で
注意を呼び掛けている獣医さんも多数いらっしゃいます。
こちらにツラい体験を綴って下さったページがあります。

αリポ酸の厄介なところは、猫がとても好む匂いや味であるということ。。
“αリポ酸が猫に危険である”ということを、まだ知らない方にぜひ教えてあげてください。
そんな危険なαリポ酸は、サプリメント単体に限らず「αリポ酸誘導体」という名称で
アンチエイジング化粧品やゼリー飲料に含まれていることも多いようです。
その化粧品を塗った顔を、猫さんが舐めたら…と思うと恐いですね。。


不凍液、セメント
上記のαリポ酸同様、不凍液やセメントも猫が好む匂いや味なんだそうです。
特に、不凍液は車の冷却材としても使われるため、
ガレージなどで漏れだした不凍液を外猫さんが舐めてしまったり、
靴の底に付いたものを飼い猫が舐めたりして 摂取後、数時間で嘔吐や下痢が始まり
重度の腎不全に陥り死に至ることもあるとのこと。
ガレージにそのようなものを置いている場合は、外で暮らす猫さんにも
危険が及ばないよう きちんと管理して頂けますよう、お願いいたします


猫じゃらしの棒やヒモ
猫たちが大好きなオモチャ。。そんなオモチャでも事故の事例があります。
猫じゃらしを咥えて高いところから降りようとした時、手持ち部分の棒が
喉に突き刺さったという事故や、ヒラヒラ揺れる紐を食べてしまい腸に絡んだ例など。。
オモチャは遊び終わったら、猫が開けられない引き出しや戸棚に必ずしまいましょう


殺虫剤やヘアスプレーなど
これからの時期、コバエや蚊やゴキブリ等の撃退のために殺虫剤を使ったり
ゴキブリホイ●ホイやホウ酸ダンゴを設置するお宅もあるかもしれません。
殺虫剤によく含まれているピレスロイドは、流涎・嘔吐・ケイレンなどの
神経症状を引き起こします。
ホウ酸ダンゴは、重篤な中毒症状がでることは少ないようですが、
嘔吐・下痢・流涎が起こります。
それと、お家の中に設置したり撒いたりする方は少ないかもしれませんが
殺鼠剤やナメクジ駆除剤は、特に危険とのこと!
お外の猫さんが、ガレージや玄関先に出入りしているご家庭は
そういう仔にも危険のないようご配慮頂けると嬉しいです。

人間用のヘアスプレーや制汗剤(エイト●ォー等)、香水なども、
猫の近くでシューシューするとアレルギー性肺炎を起こす場合があるそうなので
注意が必要です。


お風呂での事故
湯船に落ちて発見が遅れ、溺死してしまう猫さんの記事をよく目にします。。
このような水の事故は、いつ自分の身に起こるかわかりません。
お風呂場にはカビキラー等の危険な洗剤があるお宅も多いと思いますし
お風呂場には猫さんを近づけないほうがいいかもしれません


首輪の事故
私の知人の猫さんが、新しい首輪を付けたあと 20分ほど部屋を離れて戻ったら
猿ぐつわ状態で息絶えていた…という事故が過去にありました。
その知人の家のことではありませんが、その他にも
カーテンレールに乗って歩いていた猫がレールに首輪を引っ掛け
首吊り状態で発見された記述も目にしたことがあります。
セーフティ首輪も、どんな時でも必ず100%外れるということはないようで
本当に切ない事故ですね。。


衣類防虫剤
衣替えの時期に防虫剤をたくさんいれた洋服ダンスに猫さんが寝ていて中毒になり
フラフラの状態で病院に運ばれたケースがあるそうです。
パラジクロロベンゼンという衣類防虫剤の原料は
直接口に入れなくても、気化成分で中毒になる可能性大というのが恐ろしいです。
押入れやクローゼット、タンスの中で寝るのが好きな仔がいる場合は
天然成分の防虫剤が見た目も可愛くてオススメ
我が家でも愛用してます♪


アロマオイル
まだ意外と知らない方が多いのが、猫にアロマオイルが危険であるということです。
私も近年まで知らず、ディフューザーでアロマオイルを拡散していました
詳しくはコチラをぜひご一読ください!
ペット用のグッズでもよく見かけるティーツリーオイルも猫には危険であることが
下のほうに赤字で書かれています。

そして、洗剤等にもよく含まれているオレンジオイルも猫には危険なのだとか。。
オレンジオイルに含まれる「リモネン」という成分が、
猫にとって有害作用を引き起こすのだそうです。

オレンジオイル入りの洗剤に限らず、合成洗剤や粗悪な成分のワックスで拭いた床を
猫さんがゴロンしたり歩いたりして、毛づくろいや肉球ペロリの時に
有害物質を体内に取り込んでしまうのも恐いです。

アロマオイル然り、オレンジオイル然り。。
猫は、それらの精油に含まれる物質を代謝する酵素を持っていないため
すぐには症状が出なくても、毒素を体外に排出できず
肝臓の酵素の数値が高いままとなり、徐々に肝臓がやられてしまうのだとか。。

アロマオイルを楽しみたい時には、同じ部屋に猫を入れず
使用した部屋の換気を充分に行なう等して、気をつけましょう

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ☆*゚ ゜゚☆

・・・などなど。。
猫と暮らす上で危険なものを思いつくまま列挙してきましたが
(危険の度合い等、全く関係なく順不同です
危ないモノをしまった戸棚や引き出しを、開けられてしまっては
意味がありません。。

そこで我が家で活用しているのが、100円ショップの
「赤ちゃんを危険から守ろうコーナー」みたいなとこにあるものです。

扉を開かないように、こうして↓留めることができて とても便利です
扉を開ける時は、どちらかの白いボタン(?)から水色のレバーを外すだけ☆
(縮)P1120371

猫との同居は、まさに赤ちゃんと暮らすような気持ちで
色んな危険に目を配り、「こんなとこに置いといたら○○するかも!」という
想像力もたくましく働かせながらじゃないといけないな~と日々思います。。

どんなに気を付けていても、事故は起こってしまうかもしれません。
そんな時のために、猫の応急処置について書かれているページを読んでおくと
咄嗟の時はなかなかできないかもしれませんが
もしかしたら役に立って、大切な猫さんの命を救えるかもしれません。。


色々と長々と書いてしまいましたが、危険なモノを遠ざけて
家庭内の事故にも充分な配慮をしたとしても
いちばん気をつけなければならないのは、やはり脱走だと思います

だって。。家の中の危険なものをどんなに排除しても
脱走して一緒に暮らせなくなったら何の意味もありませんから…。


猫と暮らす方なら、一度ならず経験していると思うのですが
猫という生き物は、本当に気まぐれで
買ったばかりの時は見向きもしなかったオモチャで ある日突然遊んでいたり
全く入ってくれなかった猫ベットなのに何ヶ月かして
超お気に入りになって寛いでいたり。。。そんなことありますよね?

なので、そんな気まぐれさが仇とならないよう
油断しちゃイカン!と思うのです。

「窓を開けても今まで出たことないから…」
「花を飾っていても、イタズラなんかしたことないから…」

そんな「いつも平気だから」の「いつも」が
今日も 明日も 明後日も 「ずっと大丈夫」という保障なんてどこにもないのです。

誰よりも可愛い「うちの仔」を脱走や危険から守れるのは
一緒に暮らす飼い主さんだけです。


最後に…
シェルターにいる仔から、すでに幸せを掴んだ仲間に一言あるそうです

『みんなー!絶対にお家から出ちゃダメよぉ~!危ないモンにも近づくなぁ~!』
(縮)P1120250
おぉ~女性陣代表の あこママ。。凄みを利かせた目がイカしてますっ( ̄∇ ̄;)


『あこママの言う通りだぢょー!悪りぃ~仔は、ボクの牙でプスッとしちゃうど!』
P1110913.jpg
あらあら。。秋田名物なまはげに憧れるヒコリーさん。。( ̄∇ ̄;)
威勢のいいお言葉ありがとう


すでに里子に出て幸せに暮らすペルシャっ仔達はもちろん、
まだお家の決まらない これから嫁ぐ仔たちも・・・
そして、このブログを見て下さっている皆様の大切な猫さん達も
日々健やかに、生涯幸せに暮らせますよう・・・

活動ブログというには、ちょっとそぐわない内容となってしまいましたが
そんな願いを込めて書かせていただきました。


《文字やリンクだらけの長い記事を、最後までお読み頂き有難うございました》


                                    スタッフ@ゆきねー


皆様のおかげで1位に返り咲くことができました
応援ポチして頂き、本当にありがとうございます
このまま首位キープできますよう、引き続き1ポチお願い致します
にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

ブログランキングへ

comment

Secret

お役立ち情報満載♪

猫と暮らすに当たって役立つ情報を満載していただいて
ありがとうございます。
我が家でも、カーテンフックにセーフティバックル付きの首輪が
取れずにもがいていたり、仏壇の扉をこじ開けて花をかじって
いたり等、ヒヤリハット事件が多々ありました。
事が起きてからは、しっかりと対処するんですが不測の事態に
備えて、じっくりと読み返そうと思います。



No title

知っているつもりでも、改めて何度も読み返して心にとどめておかないといけませんね。
有用情報、どうもありがとうございました。

とても参考になりました

知っているつもりで、すっかり忘れていた危険がたくさんありました。
扉を開けてしまう賢い猫がいるので、扉ストッパーは早速購入しようと思います。
どうもありがとうございました。
みんな早く家族と出会えると良いですね。
これからも応援しています。

No title

うちの猫は、マタタビの入った戸棚をなんとか開けようと必死です。
マタタビならまだしも、混ぜるな危険!みたいな、何かほかの危ないものをしまっているところも開けられては困りますし、ストッパーのこと検討します。

ゆきねーさん、たくさんの情報、ありがとうございました。

No title

猫と同居の工夫ってサイトは初めて知りました。
じっくり読ませてもらいます。

私も猫と暮らして20数年になりますが、実はアロマが悪いと知ったのはつい最近・・・^^;
まぁアロマ自体に縁がなかったのですけど(笑)

網戸対策も試行錯誤の末、見栄えの一番悪いガムテープが絶大な効果をもたらしている我が家。
唯一の難点は人を呼びにくいこと(≧▽≦)
でも大事な家族であるニャン達が安全な猫生を暮らしてもらうためにはそれくらいはね。

改めて「え~?そうだったの??」ってことも多いし、ちょっとした油断が事故につながることもありますもんね。
ホントに有用な情報、ありがとうございました。

おお~

今日は!ミルティ君が最近色んな所に行きたがり、そろそろ、脱走防止を真剣に考えなくちゃ!と思っていたところでした。
コンセントにも早速キャップをしました。
ミルティ君ゴロすりプラスアピールにゃんこになりつつあります。
でも、天然は変わりません。(笑)リリーと仲良くやってます。
植物の危険もこわいですね。時間をかけて読みたいと思います。これは保存版ですにゃ。

ねこ12すき 様♪

早々にコメント頂いておりましたのに、
遅レスで申し訳ありませんっv-393
ねこ12すきさんのお宅でも、首輪やお花のヒヤリハット事件(←気に入ってパクらせて頂きました^^;)があったんですねv-399
何事もなくご無事で何よりでしたv-352
私もそうですが、多頭飼いで猫の数が増えてくると
目が行き届かなかったらどうしよう…e-263なんて
心配になっちゃいますよね。。
「備えあれば憂いなし」で、色々と前倒しで気を付けていかなきゃ!なんて、自分に渇e-281ですe-282

改めて 様♪

コメントありがとうございますe-466
お返事が遅くなりまして申し訳ありません。。
今回の記事を書かせて頂くにあたって、猫に危険なものが
本当に多種多様であることを再認識いたしました。
私が知らない危険なものも、まだまだあるかもしれません…。
大切な我が子の平穏な日々を守るため、日々勉強ですv-21

キジトラ 様♪

コメントありがとうございますe-466
お返事が遅くなりまして申し訳ありませんe-330
扉を開けてしまう賢い猫さんと暮らしてらっしゃるのですねv-290
その仔がキジトラちゃんなのかしら(゜▽゜*)?
余談ですが、我が家の扉開け猫もキジトラです~^^;
扉ストッパーはダイ○ーやキャン○ゥ等、各100均によって
置いているものが違ったりするので何件か見て回るのがいいかもです☆
他にも「防犯対策コーナー」みたいなところにある窓を開かなくするモノとかも活用できるかもしれません。。
キジトラさんのお宅にピッタリな扉ストッパーが見つかりますように…e-420
ペルシャっ仔達みんなが幸せを掴んで、預かりっ子クラブ解散!の日が早く来るよう頑張りますe-271
これからも見守って頂けたらうれしいです…e-415

ぷーめぐさん♪

またたびの入ってる戸棚ね~( ̄∇ ̄;)
そりゃ狙われそうだ!(笑)
ウチでは、おもちゃでもまたたびでも猫たちが興味津々の物を仕舞う時は
鈴のボールとかエイッ!って投げて、みんなそっちにダダーッと走ってった隙にササッと仕舞うようにしてまふv-389
仕舞うのも一仕事よね。。( ̄△ ̄;)
キジトラさんへのレスで書き忘れてしまったけど
100均やホームセンターの「地震対策グッズ」の食器棚が開かないようにするやつとかも利用できると思うよ♪
理想のストッパーが見つかるといいですねv-344

ゆ~こ♪ 様♪

こんにちは~v-278
遅レスになってしまいまして ごめんなさいっ(>_<。)

猫と同居の工夫というサイトは読破して頂くのがオススメですっv-354
里親募集も頑張っていらっしゃるサイトなんです♪
あんなにたくさんの有難い情報を書いて下さっていて、ホント応援したくなりますv-291

アロマの危険は私も近年まで知らず、家の中でディフューザーを稼動させてたので、知った時ちと青くなりましたv-404
αリポ酸にしても、そんなサプリが昔からあったわけでもないでしょうし
これからもきっと「これは猫には危険!」ってモノが現れるんでしょうね~(-_-;)
生涯一勉強ですね。。ホントに…e-263

網戸も窓も、我が家は外からと内からと突っ張り棒を上下2本かませつつ
なおかつ養生テープで開かないようにしています。。
もし、ゆ~こ♪さん宅が白いサッシでしたら、白い養生テープだと目立たないし、剥がす時もキレイに剥がれるしオススメですe-465

お客様を呼びにくいのはウチもです~( ̄∇ ̄;)
…というより、猫たちの平穏な時間を壊したくないがために
極力人は入れないようにしてる閉塞的な我が家です。。^^;

リリーママ 様♪

ええーっっ(゜ロ゜ノ)ノ
ミルティ王子がゴロスリ+アピールにゃんこに!ですってぇぇ~v-405
リリーたんとも仲良くしててくれてうれしいですv-344
天然は変わらない…って。。( ̄m ̄〃)☆
そう感じるエピソード、ぜひお聞きしたいです~(笑)
とにもかくにも。。ペルっ仔を2にゃんも幸せにして下さって…
ただただ感謝です。。e-415本当にありがとうございますe-466

リンク先全て読破するのは大変かもしれませんが
梅雨の長雨の日にでも。。ぜひv-392



プロフィール

azuclb

Author:azuclb
ペルシャレスキューチーム、預かりっ子クラブの活動報告です。


▼ランキングに参加しました▼
応援1ポチお願い致します!

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

月別アーカイブ
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。